WEB広告媒体

Web広告媒体の種類(Google編)

Googleリスティング広告

Web広告の中で最もポピュラーなのがGoogleリスティング広告ではないでしょうか?

リスティング広告とはユーザー検索行動を起こした際、キーワードに応じて広告を配信するものになります。

クリックが発生するたびに課金されるCPC課金制となっています。

メリット

キーワードで顕在層にターゲティングできる

Googleという最もユーザーの多い検索エンジンに広告配信できる

地域、年齢など様々設定を行うことができる

Googleディスプレイネットワーク

通称GDNと呼ばれるGoogleディスプレイネットワークはアドネットワーク技術が使われており多数のウェブサイト対して広告配信できる仕組みとなっています。

広告のタイプとしてはバナー、レスポンス、テキスト、動画と複数配信することができます。

課金形態はCPC課金、CPM課金が基本となっています。

メリット

幅広いジャンルのサイトに配信できる

ジャンルが幅広いためニッチな商材にも対応できる

リスティング広告同様、ターゲティング機能が豊富

リスティング広告との大きな違いは潜在層への配信がメインとなるためCVの獲得はしにくい傾向にあります。

逆に、認知を広げたり配信量をしっかり出していきたい場合はGDNを活用するのが良いと思います。

YouTube広告

YouTube広告(Google動画広告)はご存じの通りYouTube上に広告を配信することができます。

課金形態はCPV、CPM課金となっています。

動画、静止画の配信ができ広告の種類も6つに分かれます。

YouTube広告の種類

スキップ可能なインストリーム広告

スキップ不可のインストリーム広告

TrueViewディスカバリー広告

バンパー広告

アウトストリーム広告

マウスヘッド広告

最大の特徴は動画広告のため商材の内容を伝えやすいことでしょうか。

視覚、聴覚にアプローチできるため認知の拡大、ブランディングに効果的な配信が行えます。

ただ、動画のクオリティによってはブランドの毀損に繋がる可能性があるため注意が必要です。

-WEB広告媒体