転職

未経験からWEBマーケターへ転職した話

コロナ禍が進む中、WEB業界への転職を希望している方も多いのではないでしょうか?

市場が伸びている、人材が足りていないなどの話をよく聞くのでWEB業界への転職を考えている人もいると思います。

私もWEBマーケティングの仕事に興味をもっており、今年の6月、WEB広告の運用代理店への転職を成功させました。

ここでは私が未経験からWEBマーケティング業界への転職を成功させた方法について解説していきます。

未経験からの転職は簡単ではない

WEBマーケティングの求人は未経験歓迎も多いのですぐに転職できるだろう、そう思い転職活動を始めましたが全くうまくいきませんでした。

今となっては当たり前なことですが、WEB業界のことを勉強していない私が応募しても雇う側からすればリスクが大きすぎますからね(笑)

未経験歓迎求人にも経験者は応募してきますしその中で内定を勝ち取ることは容易ではないなと気づかされました。

WEBマーケティングスクールでマーケティングを学んだ

未経験の私が転職するにはとにかくマーケティングを学ぶ、これしかないと思いました。

そもそもWEBマーケティングとはどういう仕事なのか、調べれば調べるほど独学は難しいと思いました。

WEBマーケティングの種類

SEO

WEB広告

SNS運用

WEBサイト運営

メールマーケティングetc.

大きく分けてもこれだけあります。

私自身、勉強するまでWEBマーケティングの種類や内容については全然知りませんでした。

未経験でこれらを学ぶのは大変ですよね…

自分に何があっているのか、SEOに強い会社、WEB広告代理店、企業のマーケターとして幅広く携わるか、目的によって学ぶことは違いますが、私は満遍なく勉強しようと思い、ワナビーアカデミーに入学しました。

ワナビーアカデミーで学んだことをまとめてみました。

ワナビーアカデミーで学んだこと

SEO対策

・Googleトレンド、キーワードプランナー、サジェストツール

・Googleアナリティクス

・Googleタグマネージャー

・カスタマージャーニーの考え方

・SNS広告、Google広告

実在企業のメディア解析、広告プランニングの作成

未経験の方は想像するのが難しいかもしれませんね。

スクールで学んだことについては別の記事で詳しくまとめています。

ワナビーアカデミーに通って良かったこと

良かった点

実務経験が得られる

マーケターに必要な仮説志向が得られる

多角的な視点(ユーザー目線)で物事を考えられるようになる

実際に広告を出稿したり、実在するメディアの解析を行ったりと実務で必要な知識を得ることができました。

何より、卒業後の実務研修でWEB集客に困っている会社の広告、SNS戦略の提案、運用ができる点は他のスクールにない魅力です。

また、仮説志向や多角的な視点で物事を考えられるようになった点では、転職活動を行うえでとても役に立ちました。

転職活動は甘くなかった

学習を終え、履歴書や職務経歴書にアカデミーでの経験を記載、今度は上手くいくだろう!そう思っていましたがまたしても上手くいきませんでした。

80社ほど応募しましたが書類選考を通過したのは2、3社のみという散々な結果に終わっていました…

なぜ上手くいかないのか、採用側の立場に立って考えるといくつか要因が見えてきました。

書類選考が通過しない2つの要因

書類選考に通過しない理由

採用側から見れば未経験者と変わらない

エージェントサービスを利用していた

この2つが大きな原因でした。

まず、マーケティングスクールで学習をしていたとしても採用担当者から見ると未経験者とあまり変わらないのでは?と思いました。

履歴書にGoogleアナリティクス、広告運用経験有りと記載していても仕事は行っていないので未経験者と変わりません。

二つ目はエージェントサービスを利用していたこと、これが大きな落とし穴でした。

私が利用していたのはリクルートエージェント、dodaの2つです。2つとも有名なエージェントで求人数も多かったですが未経験者と相性が悪い点がありました。

それは、採用コストが高いということです。

エージェント経由で採用した場合、費用は年収の30%程かかります。つまり年収400万円で雇うとすると120万円の費用が掛かることになります。

これだけの費用をかけて、未経験者を雇う企業は少ないですよね?

この2点に気づいた私は次のことを行いました。

書類通過率が10倍上がった方法

書類通過率が上がった要因

転職サイト、企業のリクルートサイトから直接応募

履歴書、職務経歴書+スクールで作成したプランニング資料を添付し応募

まずは、転職サイトや企業のホームページから応募していきました。

転職サイトにかかる費用はエージェントに比べて安いですし、ホームページからであれば採用コストはかかりません。

中でも使いやすい+WEBマーケティング職の求人数が多かったのがGreenエン転職でした。

また、履歴書、職務経歴書に加えてスクールで作成したプランニング資料を提出することで自分がどれくらいのスキルがあるのかアピールすることができると思いました。

この2点を変えただけで書類選考の通過率が30%~40%ほどになりました。

マーケターのスキルは何にでも活かせる

マーケティングの仕事は成功も失敗もなぜそうなったか考えることが重要だと感じています。

この考察力はマーケティング以外の仕事や趣味にも活かせると思っています。

私自身、転職活動がなぜ上手くいかなかったのか、仮説をたてて行動することで改善していきました。

その結果、多くの会社と面接を重ね、複数社から内定をいただくことができ納得して転職活動を終えることができました。

WEBマーケティング業界へ転職を考えている方はスクールで学ぶことも一つのステップとして考えてみてはいかがでしょうか。

-転職